30代女性の汗が臭くなるのは〇〇のせい!?その対策と予防法!

暑いし湿気でじめっとした毎日。
汗をかくことが増えたと同時に気になる事が増え、ふと

『私、臭くない…?』

今までも汗をかくと汗臭いのは少しあったけどそれとはまた少し違ったニオイが自分からする…

ある調査で「年齢と共にニオイは変わってきたと思いますか?」の質問に対して約60%の人が「YES]と答えているくらい、

20代の頃とは確実に身体から発されるニオイが変わってきます。

それは菌や皮脂が『酸化』すると発生するニオイが一番の原因。

今回はアラサー女子の悩みの種、『ニオイ』についての記事になります。

この記事を読むとわかる事

  • 臭いニオイの発生場所
  • 30代女性のニオイの原因
  • ニオイを防ぐ方法

 

この記事を書いているのは美容師のhikari

このブログは美容師歴13年の知識と経験を活かし、自分自身も含めた同じ30代女性に向けて、一緒に『綺麗で若々しい大人女性』になるお手伝いが出来たらと思い様々な美容情報を発信しています。

目次

臭いニオイは『酸化』した時に発生する

基本的にニオイの原因は汗そのものではなく『菌』や『皮脂』が原因で発生します。

菌(雑菌・常在菌)や皮脂が汗と混ざった時に酸化する事でニオイを発してしまうんです。

30代女性の気になるニオイの部位

今まで気にならなかった30代女性特有の嫌な臭いを発生し、気になりやすい部位は「ワキ」「頭皮」「デリケートゾーン」

ではその部分がなぜ「酸化」するのでしょうか。

気になる部位①ワキ

通常、肌にある常在菌が汗を分解する事でニオイが発生するのですが、分解する時に常在菌と皮脂が混ざりあって酸化する事により更にワキのニオイが強くなります。

(ワキガの場合は上記の状態にプラスでアポクリン腺が多数あるかどうかになる)

気になる部位②頭皮

頭皮のニオイの一番の原因は「皮脂量」が関係します。

皮脂分泌が多く、それがきちんと洗浄されず皮脂が酸化してニオイを発生する場合が多いですが年齢特有の「ミドル脂臭」が原因の場合もあります。

頭皮のニオイ「ミドル脂臭」について詳しく書いている記事もあるので合わせて読んでみて下さい。

あわせて読みたい
30代女性の頭皮が臭いのは〇〇のせい【知ってる人は50%以下!?】 30代になってから頭皮のニオイが気になったことありませんか? 汗をかいたあと、一日の終わり、ふと風が吹いたときなどなど… 『え?もしかして私の頭皮のニオイって臭い...

気になる部位③デリケートゾーン

デリケートゾーンは女性ホルモンが低下すると膣内のコラーゲンが不足し、膣内が乾燥してしまう事で自浄作用の低下に繋がります。

そうすると雑菌が汗や皮脂と混ざり酸化するのでニオイの原因になるのです。

常在菌が存在するのは当たり前ですが悪玉菌が増えすぎてしまうとニオイの他にもかゆみの原因になったりもするので気を付けましょう。

気になる部位まとめ

基本的にムレやすい場所がニオイの気になる場所ですね。

ムレる場所は菌や皮脂が出やすい為、酸化しやすいので気を付けましょう。

30代女性は『酸化』をひきおこしやすい?

30代女性は20代の頃に比べると菌や皮脂を酸化させやすい状態になっています。

なぜそのような状態になるのか?
その原因となるのはこちらの3つです。

  • 加齢
  • ストレス
  • 紫外線

    加齢

    年齢と共に、女性ホルモンの低下により皮脂が酸化しやすくなったり汗腺機能の低下により汗をかいたときに嫌な臭いを発生しやすくなります。

    加齢による女性ホルモンの低下はデリケートゾーンの部分でも書いたように、膣内のコラーゲン不足、乾燥に繋がり、結果酸化してニオイの原因に。

    更にニオイの原因としては、20代の頃に汗のニオイをマスキングし、甘い香りを発生させてくれていた「ラクトン」という成分が年齢と共に激減してくるのも関係していますね。

    ストレス

    30代女性は仕事や家事育児にストレスを溜めてしまいやすい年代です。

    ストレスや疲れがたまっていると身体のサビの原因となる活性酸素が発生し、皮脂が酸化するので『酸化臭』の原因になってしまいます。

    更に慢性的な疲労は代謝を低下させ、疲労によりたまった乳酸やアンモニアが肝臓で処理できず、汗のニオイの元になるのです。

    紫外線

    紫外線に関しては30代に限らずですが、紫外線にあたると活性酸素が発生し身体が酸化しまうため、肌の表面にある皮脂も酸化してしまい、ニオイを発生します。

    臭いニオイの原因のまとめ

    ニオイを発生させる『酸化』しやすい肌を作る原因になるのは「加齢」「ストレス」「紫外線」です。

    酸化以外にも臭いニオイを発生させる原因はいくつかありますが、ほとんどが菌(常在菌・雑菌)や皮脂の酸化が原因になっています。

    ですので、まずは一番の原因になっている「酸化」をひきおこさない事が重要です。

    臭いニオイを防ぐ方法

    ニオイを防ぐ方法としてオススメはこちらです。

    • 制汗デオドランド剤をうまく使う
    • 肌の酸化を予防する

    制汗デオドランド剤をうまく使う

    汗そのものにニオイはありませんが、汗と皮脂や菌(雑菌・常在菌)がまざるとニオイを発するのでそもそもの汗を制汗デオドランド剤でケアをするのは大切です。

    すでに汗をかいている場合は汗拭きシートで汗をふきとり、清潔な状態にしてから制汗デオドランド剤を使用するとニオイもカバーできます。

    汗をかいてそのままにしておくのが一番ニオイを強くさせてしまうので「汗をかいたらふきとる」を徹底しましょう。

    肌の酸化を予防する

    汗をかいた時に汗と皮脂と菌(雑菌・常在菌)がまざると『酸化』するのでニオイの原因になります。

    そして30代女性はそもそも皮脂や菌が『酸化』しやすい状態になってしまっているんです。

    なので瞬時にケア出来る「制汗デオドランドを使用する方法」と並行して、今後更にニオイを発しにくくする方法として「肌の酸化を予防する」事が大切になります。

    • 酸化ストレスを与えない
    • 抗酸化物質を摂る
    • 身体自身の抗酸化力を高める

    上記の3つが肌の酸化を予防するのにとても大切。

    酸化ストレスを与えない

    紫外線は酸化の大きい原因になるので紫外線予防を徹底しましょう。
    更に喫煙やストレスによる自律神経の乱れも酸化をひきおこすので生活習慣を見直す事も大切ですね。

    抗酸化物質を摂る

    元々、体内で抗酸化物質は育成されるものなのですが年齢と共に減ってしまいます。
    減ってしまった抗酸化物質を補うために抗酸化効果のあるビタミンCやビタミンE、リポ酸などを摂取しましょう。

    身体自身の抗酸化力を高める

    元々体内で育成されている抗酸化物質の働きを高める事も大切です。
    規則正しい生活やバランスの取れた食事、睡眠をしっかりとるなどして免疫力を上げ、抗酸化物質の働きを高められるようにするのもオススメですね。

    まとめ

    肌が酸化しやすい状態の30代女性が汗をかくと汗が皮脂や菌(雑菌・常在菌)と混ざり、酸化する事が大きな原因で気になるニオイを発生します。

    酸化したままにしておかず汗拭きシートで拭いて清潔にしておく事や、そもそも酸化しにくい肌作りをする事が大切ですね。

    少し気を付けるだけで気になり度は激減するのでぜひ試して、思いっきり夏を楽しんで下さい♪

     

     

     

     

     

     

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる